HOME 日記・エッセイ編

陽気なムース君

シアトル(チーム)2004/6/9 やま
困っちゃうほど、お茶目なヤツである。ムース君。

その日の私の席は、1階フィールド、Sec118、Row 1・・・最前列だ!
少し早めに席に着く。まだそれほど埋まっていない客席。
そのときフィールドに現れる人影。「へ〜、アレがマスコットの・・・」なんて思って座ったまま眺めてる私。目と目が合う。
そのとたん、何を考えたか、こちらに向かって猛然とダッシュしてくるムース。フェンスをひらりと乗り越え、私のひざをバンバンたたく!

あまりにも唐突な展開に、すっかり気が動転する私。
そんな私を見てムース君、あきらかに・・・

たのしんでる。

さらに調子に乗ったムース君は、ちょっと離れて座ってた地元の人のところへ行き、その人の飲んでいたビールの紙コップを奪うと、「この中身、あの日本人ににぶっかけちゃっていい?」みたいなアクションをしている。


うわ〜、かんべんしてくれ〜〜

こ、これが陽気なアメリカンってヤツですか?
ホント勘弁してくださいよ。こっちは言葉の不自由な一旅行者なんですからあ。
簡単なジョークにも、マジでパニクる私を見て、ムース君・・・

絶対、たのしんでる。

さて、このムース君、試合中あちこちに出没して、負け試合でも盛り上げてくれる貴重な存在ですが、真剣に試合だけを楽しみたい人の中には、うざったく感じる人もいるみたい。私ははっきり言って、こういうの、大好きです。・・・自分が、からかわれたり、しなければ・・・
目次へ このページの↑TOPへ 情報編の関連ページへ